性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

苗字に引きずられて感情移入出来ない人オフ会。

普通にアニメが好きなので新クールを迎える度に観られる環境にある作品の第1話を片っ端から観て面白かったものを追い掛けようみたいな事をするのだけれど、今期の作品の中に自分と同じ苗字のキャラクターが出て来ており、名前を呼ばれる度に割とキラキラした…

場所と食べ物の相関性は寝落ちと悪夢のソレに近いみたいな。

場所と食べ物が結びついているという経験があるだろうか。 僕は人よりも食い意地が張っているという自負があるので結構あるんだけれど、周囲にそういう人がおらず寂しいばかりであるし、何かそういうの通り越して自分の単純さとか卑しさみたいなものの表れな…

おそ松さんを観ながらぬいぐるみを愛でる生活。

身長60cm、身幅が100cm近い巨大なぬいぐるみを買った。 それも予約販売で、店頭で予約票に必要事項を記入して見受けに要する代金を支払ったのは12月中頃だった。 それが今月の中頃、満を辞して我が家にやって来た訳なんだけど巨大な段ボールを前に真っ先に頭…

ただ長いだけの東京滞在日記。

金曜日、定時退社を決め、帰るタイミングが事務のお姉さんと一緒だったのでオープンしたばかりの商業ビルの某エリアをブラブラしながら感想を述べる。思ったよりパッとしねえな、という意見で一致。意見が一致すること自体稀ではあるので多少新鮮な気分だっ…

物の怪のジャンパー

グーテン冬至が過ぎて日が少しずつ伸びるその踵を踏まないように慎重にしかし確実にビールを飲みインターネットに溢れる猫という猫を愛で汁がつくほどベトベトになった世界の角っこからほんのり甘い匂いがすると気付く僕の毎日は他愛のない絶望でそれは呼吸…

直属の上司が社章。

社章なる好みではないが全体の印象が多少引き締まり社会人としてマトモなのでは?と思わせてくれる魔道具的なピンバッジを毎朝スーツに付けるのだけれど、何百回とこなしている工程なのに未だに装着時に留め具を落としてしまい床に這いつくばって探すという…

移動都市に住む水木しげる先生タッチのサラリーマン。

ベージュのステンカラーコートに強い憧れがあった。 これまで何度か試着したものの、水木しげる先生が描くタイプのサラリーマンの様な似合い方を高い再現度で成してしまい「なんて需要のない等身大フィギュア…」という気持ちで、おもちゃ博物館ですらお嫁に…

白牌を待ち続けるお前らはまるでハチ公。

ドンジャラについて衝撃事実を得たのでこれを読んでくれている人にも是非教えてあげなければ、という気持ちでフリック入力猛威を振るわせんとしているんだけど、そもそもドンジャラってどれくらいの知名度があるゲームなんだろう。 ドラえもんとかONE PIECE…

美容室でアニメ雑誌を読む背徳感を元手に業務用スーパーを建てる。

美容室に行って席に着いた時に出される雑誌のチョイスから自分がどう思われてるか知る、というのが緊張感がありながらも「君はこんな感じかな?」みたいな他者からの評価でもある気がして参考になるなーと思っていた。 デイリーポータルZの記事特選本、大阪…

サスペリア搭載のエクスペリアについてウィキペディアで調べリア。

乾燥肌である。 たまたまこの記事を開いた人からすると赤の他人の個人情報が真っ先に飛び込んで来てマジで不要だなと思うかも知れないけれど、この先も何一つ有益な情報は無いので読むだけ時間の無駄、時間が惜しくないという人だけ読み進めてくれたら書いて…

歌劇と筋トレといえばマッスルミュージカルが思い出される。

「少女歌劇レビュースタァライト」をdアニメストアで一気に観てとても面白かったのでオススメしたい。 「まどマギ」や「少女革命ウテナ」に通じる設定もありつつ、自身がより高みへ進む為にぶつかり合うキラキラとした登場人物たちが非常に魅力的で、12話に…

身体を動かすことについて書いている割にインドア感が全く拭えないブログ。

ジムに行ったり、バットで素振りをしたり、家の近所を走り回ったり(ジョギングという言葉を使うのが何故か照れ臭い)する際にスポーツウェアを着るんだけど、フードが付いたウェアがとても好きでそればかり購入してきた。 元々私服もパーカーが好きで、それば…

アフリカから荷物が届いてまーす!

住んでいるマンションのエントランスがオートロックで、開錠した際に宅配ボックスに荷物が届いていると「宅配ボックスに荷物が届いてますー」とか言ってくれてマジそこまでして頂いて宜しいんですかって感じなんだけど、何故だか結構教えてくれない事もあっ…

くるみ割り人形が、来る。

「ぼぎわんが、来る」を読んだ。 これは映画「来る」の原作なんだけど、まだ映画は観ておらず、しかしながら興味があって読んだ。 再三に渡り述べている様に(初見の方はすいません、これまで何度も何度もホラーは怖いから無理みたいなことを延々書いているん…

第九の楽譜がプリントされたニューイヤー感のあるトレーナーが部屋着。

新年明けましておめでとうございますね。 ルーマニアモンテビデオってどんな精神状態で名付けたんだろうと考える頻度を今年はちょっと下げたいなと思います。頑張りますので宜しくお願い致します。 今回の紅白歌合戦は、と頭につけられるくらいこれまでを真…

今度の舞台は自由の国アメリカ!な続編は桃鉄くらいしか知らない。

年末になると貧困もしくは人口減少を題材にした本を読む癖がついていて、縁起が悪い様な気もするんだけど、どうしても12月になると只でさえボンヤリしているのに加速してしまうのでシビアであり自身にも関係のある情報を得て重しとして地に足をつけたい気持…

2018年に観た映画をまとめただけ日記。

今年は映画をよく観たので勝手にその振り返りというか総括をやってみようと思う。 ネタバレだけは気をつけたいと思うけれど、予告編で流れている内容くらいは触れる可能性があるので予告編すら許せないネタバレ極刑主義の方はどうか自己責任でお願いしたい。…

俺が夢子なら相手は二宮くんしかない。

一時期、国民的アイドルグループである嵐の夢小説に何故かどハマりして貪る様に読んでいて、その中でも櫻井くんがNEWS ZEROの放送中にカメラ越しに夢子(夢小説の主人公のことを総じて夢子と名付けている)にプロポーズするという話が大のお気に入りでこのまま…

///20180919-20181220///

///傷ついた虎の子、大きな声で有りもしない国の名前を叫んだ/繰り返す文鳥、近付いては離れ、円と輪の違いをガラス越しに見ていた/何に生まれたら、何に生まれても、隣の運命ばかり奇跡みたいに輝いて/その箱の中にある棘の痛みを知らずに僕ら/来世は、来世…

2018.12.07 大森靖子さんを観て来ました。(@心斎橋BIG CAT)

昼から日本酒を飲み、大好きなキャラクターの新作ぬいぐるみを買いに行くなどした。 ぬいぐるみを集める大人は精神的に成熟していないみたいな記事をどこかで目にしたのだけれど、まあ自身について僕がどう捉えているかと言うと「管理職が風俗で赤ちゃんプレ…

お笑いとホラーには共通点があるとか言われても無理。

ドキュメンタルのseason6を毎週楽しみに観ていた。 過去5シーズンと異なり、女性芸人が多く登場していて笑いの質がこれまでと全然違った。 勝敗や内容はネタバレになるので触れないけれど、ドキュメンタルの場合、「結局最後にモノを言うのは下ネタ」という…

グーテンヌーボ2018冬

グーテン休日出勤の朝は本数も乗客も少ない電車に揺られて街へ出るのだが普段と違い座っていると怒涛の様にどうでも良いことを考えてしまう平日よく乗り合わせる男が電話をしており田中と名乗っていた為に思いがけず君の名は田中状態前前前世から云々お互い…

寝落ち研究所のニューウェーブ座談会。

「仕事の夢ってみる?」と聞かれる夢をみた。 何となくややこしい夢である。何と答えたかは覚えていない。 ソファで寝落ちするのが失敗を通り越して習慣として根付きつつあり、最早寝落ちを減らしていくよりも寝落ちによる睡眠の質を如何に向上させるべきか…

凄く行動力に溢れていた三連休だったよ日記。

金曜日、阪神タイガースのファン感謝デーのチケットを譲って頂いて観覧に行った。 流れ込んだ寒波で冷えた甲子園球場でガタガタいいながらも我慢出来ずにビールを飲みながら選手の内輪ネタを見守る会。ファン感謝とは、と思いもするけれど好きな漫画のキャラ…

異生物に寄生されて映画ばかり観るスーツ姿のバンドマン。

上司が運転する車で爆睡してしまい、「普段あんまり車で眠くならないのに珍しいなー安心してたんですかねー」という苦しい言い訳を述べた手前、帰りは何としても起きていなければと思った癖に最後の方でウトウトしてしまった。 人は弱い生き物だと思った。 …

2018.10/27・28ボロフェスタ、11/6 ANGRA、11/7 MEWを観てきました。

10/27・28:ボロフェスタ2018@KBSホール ボロフェスタの2日目と3日目に行った。 2日目は、2の原始的とも言えるストレートの豪腕かつロマンチックなロックンロールとKONCOSのパンクとキラキラしたポップの融合具合に射抜かれたり、ようやく観ることが叶ったtoe…

当たり前を疑う映画のドレスコードはスーツ。

オーダーのスーツがひと月の制作期間を経て出来上がったのでクールビズの終焉と共に着ているのだけれど、凄く良い。 足りなくて張る部分も余って緩くなってしまう部分もなく、見た目にどこまで変化があるかと言われると若干スッキリしてる!って程度なんだけ…

電子マネーと心の購買意欲。

セブンイレブンで利用する為にナナコを手に入れたのは10月の頭だった。 会社の最寄りのコンビニが徒歩15秒でセブンイレブンだったのと、チケットぴあでの引き取りにセブンイレブンをよく利用していたのでナナコが良いのではないかと思って選んだ。(甘い物や…

ブラジルのハードロックバンドによる六甲おろしを聴きながらダイヤモンドを一周。

学生時代、割と長々とハードロックやメタルを聴いていた時期があり、その頃に一番聴いていたANGRAの来日ツアーが大阪でも催されると知って衝動的に行きたくなりチケットを購入した。 後にそれがレコ発と知って慌ててCDを手に入れたのだけれど、洋楽のハード…

プーと甲子園の魔物に食われた僕。

2018年、野球観戦がマイブームと化した集大成として福井県で催される国体の硬式の高校野球を観たい、と思ったのは大阪桐蔭が夏の大会を制するよりも前だった。 パワー溢れる浦和学院、線は細いけれど組織力が高い近江、バランスの良い日大三、どこを見ても最…