読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

2015.03.22 CAMOUFLAGE、QLIPを観てきました。(@STARBOX→十三ファンダンゴ)

春に着る上着、カタカナで呼ぶとアウターを買いに心斎橋へ行きました。主戦場は梅田なんだけど、予定があったので心斎橋に行ったら広域に店が点在していて僕よりお洒落な犬とかめっちゃいて生きるって事の難しさみたいなのを感じたりしたんですが、何店舗も回って途中でヘイトスピーチとされる側の小競り合いみたいなのに巻き込まれて警察に何もしてないのに怒られたりしながら(その場にいた人間の中で最もヤル気に欠ける存在だったから叱りやすかったんだと思う)結局最初に見た店のが欲しくてちゃんと買った。
梅田は狭い範囲に欲しいものが密集してるからあっという間なんだけど、心斎橋は行ったり来たりだから良い運動にもなった。迷子になったけど。

そんなこんなでネットで運営かよ、くらい宣伝している人がいて、何と無く興味もあったのでアイドルのライブを観に行きました。
普段観てるアイドルはメジャーな人たちばかりで、テレビの人たちだ!みたいな感覚なんですけど、今回はそうではなくてこれからの人たちみたいでした。
フェスでBiSやベルハー、チケット買って観たのはでんぱ組だけという状況なのによく行ったと思います。

2015.03.22@STAR BOX

CAMOUFLAGE
のんびり歩いてたら開演直前になってしまった。
世の中にどういうアイドルがいるかとか全然知識がなくて、でも九州のアイドル好きな子に沢山頂戴してたやつを聴いた中では9nineとかアフィリアサーガとかが好きな感じで、くらいのレベルな僕でもちゃんと楽しかった。
事前に好きな曲を投票してセトリが決まるというシステムだったので何曲もyoutubeで聴いて行ったのも良かったのかも。
アイドルのライブの楽しみ方とか良し悪しがよく解らないんだけど、マイクがハウりまくっても、音を拾ってくれなくても、音が潰れて躍動感が上手く出なくても一生懸命頑張ってる姿は何だか凄いなと思ったし、良いトラックが多くて普通にバンド観てる時の感覚で観れたりして楽しかった。
自分が気に入って投票した曲も無事セトリに入っていて何だか嬉しかったや。
ポップな曲が多い中で早い曲やサイバーな曲がカッコ良かった。
時間の都合で途中で帰ってしまったけど、投票した曲のCD欲しいなと思った。
新鮮で楽しかった。バンドマンがアイドルに流れていく感覚もある意味解る気がする。こんな感想でいいのかよくわかんないけど可愛かったし元気出さんとなーと思わされた気がする。
今度はフルで観たいなー。

バタバタとハシゴ。


いったんぶ
最後の2曲に間に合った。ファンダンゴの爆音を更に倍でドン!のビリビリっぷりに笑ってしまう。
いつ観てもカッコイイし強烈。

QLIP
<セットリスト>
リプレイ→スピード→強いられている→スーパーネコパンチ→ゲームボーイ→ライトアップ→悪の華→なにもしない→ヘイ!→都革命→en.嫌ワレ者
北欧バンドみたいな壮大さに細かい弾む様な鍵盤の導入からのリプレイ。
北欧→パワーポップというQLIPの何でもありな器用さが結実したスタート。
十三ファンダンゴの爆音故のムラっ気に苦戦してたこれまでを一発で忘れさせるねじ伏せっぷりは感動した。
本当にもう、どこでもライブが出来るだけのバンドになったと思った。
リプレイは小椋くんハンドマイクでギターが玉岡くん一本だったんだけど非常にシンプルかつストレートにパワーポップパートを鳴らして西村さんの鍵盤が導入の北欧パートを継続という意味不明な面白さだった。
スピードに雪崩れ込んで鋭さと激しさ、そのまま強いられているの躍動感に繋がっていって無敵感が漂ってた。
スーパーネコパンチで上野さんのベースがあまりにも重くてこの人入るバンド間違えたんじゃないか、ミクスチャーとかハードロックバンドと勘違いしてないかと思うくらいにドッシリしたベースを弾いてくれていて、これが今のQLIPの一番攻撃力の高い武器だと思った。
ライトアップはハイライトとも言えるくらいの開かれっぷりでお客さんも楽しそう。久しぶりに演奏された悪の華は絡む二本のギターの繊細さと最後の盛り上がり部分まで綺麗に鳴っていたし、ゲームボーイのおもちゃ箱っぷりも軽快で良かった。小椋くんが何故この曲で橋本愛と叫ぶのか未だによく解らないけど相変わらずで良かった。
なにもしないは完全に吉田さんのドラムと上野さんのベースの為にあるみたいな重い疾走感。吉田さんは色んなバンドで叩いてるだけあってゲームボーイみたいなわちゃわちゃした曲もなにもしないみたいなガツガツした曲もしっかり土台を叩けるからQLIPにとって有難い存在だったな、と思った。
ヘイ!のラストサビ前の玉岡くんのギターソロの凄まじさはアジカンっていうよりフジファブリック
都革命は超絶に不穏な轟音に突き落としてからのイントロの爆発力が笑ってしまうくらい良かったし、この曲数をしっかりやり切れるタフさがあった。
アンコールは何故かお馴染みの嫌ワレ者。アンコールにこれをする事でDis is Popなるスローガンを体現しようとしてるとしか思えないけど、メタルの域のリズム隊とギターに爆笑した。
ドラムセットに玉岡くんが飛びったりしてるのも心底楽しそうで見てて楽しかった。
普段個人的に印象に残らなかった感想は全部端折って書いてるけど、QLIPは100本とか普通に観てるんだけど毎回何かしら書いてる。常に平均90点のライブをするバンドだけど、今日は確実に100点超えた。
ドラムの吉田さんはあと一本で抜けるし、春からしばらくライブないし淋しいけど待つしかないし、楽しみに待ちたい。

またー。