読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

2015.04.12 そこに鳴る、カタナカルテの人のDJを観てきました。(@心斎橋FANJ)

何か色んな所で急いで走ってる人を見かけた。
しかも全員頑なに腕を振らないで走るものだからいまいち勢いにノれてない感じで、腕を振って!もっと!と世界陸上で自分より圧倒的に身体能力が高い選手にテレビ越しにアドバイスを始めるおばさんみたいな気持ちになった。
周囲をこんな気持ちにさせないよう、走る時は目一杯腕を振ろうと思った。

最近お金も無いのに毎週豪勢な食事を食べているのでせめてもの運動に会社の最寄り駅からライブハウスまで歩いたけどライブハウスにたどり着く前にミルクティー買って飲んでた。意味無し。

2015.04.12@心斎橋FANJ
アン(fromカナタ)
ソロは初めて観た。
カナタは繊細で仄暗いんだけど壮大な音を間を上手く使って演奏するバンドで、どんなソロだろうと思ったら仄暗さと温かみが同居してる感じで、MCは明るめに歩み寄って来てくれる感じで、と非常に新鮮だった。
カナタ最近観てないのでまた観たい。

カタナカルテのボーカルによるDJ
出るのを見落としていて(こういうのホントにダサいから辞めないといけない)カタナカルテ出るんだラッキーと思っていたらドラム負傷によるボーカルDJに変更されていた。
その前から転換BGMがそこに鳴るのpirorhythm stabilizerのエンドレスリピートで不穏な空気だったんだけど、それの正体はこれか!そこからもう始まっていたのかと笑った。
選曲は前半PUFFYaikoモーニング娘。西城秀樹とお局OLのヒトカラフリータイムのラスト30分みたいな選曲で凄まじかった。
そこからセカオワビークルなどなど、皆で踊りたいと煽りに煽って鳴らされたのがラジオ体操第一というカオスっぷり。
最後はオオタ13月からのそこに鳴るpirorhythm stabilizerのギター構えてのエアギターを経て異常に速いL'Arc-en-Cielに繋いでフィニッシュ。
見せ方が上手いし選曲だけでも爆笑モノだしで凄まじく面白かった。
何なんだこの人。

そこに鳴る
<セットリスト>
6月の戦争→夏の落し物→ARAGAE!!→pirolin→pirorhythm stabilizer〜only your world〜→さらば浮世写し絵の如く→(en.)draw
転換で演奏してたのは新曲なんだろうか。ありそうで無かった感じが素敵だった。
本編はDJの不穏な空気そのままに6月の戦争からギタートラブル。聴いてると土台云々っていうより個々の研ぎ澄まされた集中力で合わせる曲が多いだけに、本当にいつも強心臓かつ凄い技術を持っているなと感動してた身からして、今日のそこに鳴るはさながらマンチェスターユナイテッドからドルトムントに戻った香川選手みたいで関節の柔らかい演奏では無かったと思った。
機材トラブルからなかなか流れに乗り切れない所にまたトラブル、という感じでハラハラしてしまうライブ。
夏の落し物の絶唱のピークで鳴るギターソロのスリーピースなのに四人編成感はガッと決まってカッコ良かった。
ARAGAE!!(実際に自分で書いてみると凄い曲名)の静と動というより侘び寂び的な流れ。pirolinはサビ前が変わってどこで顔を出してもバチっとする気が。
偽物でなく本家pirorhythm〜はイントロのギタータッピングのループが完璧に決まってCDだけじゃなくてライブでの奏法、見せ方まで含めて観て欲しい曲だなと改めて感じた。
さらば浮世〜もそう言う曲だなとCDを聴いて思ったし、和メロのギターが鳴くライブの迫力がホント凄い。
最後の最後、またトラブルで残念な締め。
アンコールのdraw、ベース藤原さんの珍しく声が割れる程の絶唱が凄かった。
凄いの普段から観過ぎて麻痺してる自覚はあるんだけど、そこに鳴るはこんなモンじゃないし、ツアーファイナル楽しみ過ぎる。

平日また頑張ろう!
中間管理職激闘編〜ただし有給取得予定↑↑↑みたいな!

またー。