読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

2015.04.25 オワリカラ、the spring summer、SPANKPAGE

ガオーポーズって知ってますか?
知らないならググって下さい。ググるって言葉の濁音っぷり何か苦しそうでそれはそれでアリだなって時々思います。
で、巷を席巻するガオーポーズなんですけど、あれ結構おっさんがやるにはおっさん側に振り切れてないとキツイんですけど、自分の立ち位置が中途半端過ぎて現状として向いてないんですけどガオーポーズをやりたいんですよ。まあ大森靖子さんの影響なんですけど。ミーハーでしょ?ミーハーは経済回すよー?結構大雑把に回す。
ミーハーはミーハーなりに楽しかったツアーを通してファイナルはやめとこうと思ったのと、単純に社会的地位向上と己のモチベーションのギャップに疲れ過ぎて東京に行ける心身のコンディションでないので行かないんですけど、兎に角、常にじゃなくて時々凄いやりたくなるんですね。
何でですかね?知らんけど。
そういう時に電車に乗って、そんな混んで無かった時だけガオーポーズ出来るんですよ。
吊り革二つにそれぞれ手を突っ込んでさり気なくガオーってやるんですよ。解ります?で、窓ガラスに映ったそれを眺めて満足する訳です。
理想のポジションは顔横か胸元なんですけど、四の五の言ってる場合じゃなくて願望を何とかしてやらんといけないので、高くてもそこは良しとしたいんですよ。解ります?ここまで大丈夫です?
まーこれもある種自慰っていうか。
オナって寝ろって結構ブログなんかもそうだと思うので他人事じゃないし文字書いてる人間が高尚ぶって言えないセリフだなーと思うんですけど実際どうなんでしょうね?何の話でしたっけ?

ライブいってきました。
バーカンでperfect piano lesson流れてて嬉しかった。好きなバンドが忘れられてないって嬉しい。

2015.04.25@京都GROWLY

the spring summer
一年半ぶりくらいだった。
相変わらずオルタナな音触りでパンクなカラッと感でスコーンと力強いハイトーン。何から何まで「え!?そっちなの!?」なのに物凄くストレートに良い!!!カッケー!!!となるの凄い。
ジャキジャキしたギターは気持ち良いな。。。
一番好きな曲でトラブってしまっていたけど上手く上手く繋いでて可愛かった。
また観たい。

<セットリスト>
ロールシャッハ→swing→夜戦ちゃん→マーキュリー→ドアたち→ガイガン→new music from big pink
京都のオワリカラはホントにどこも素晴らしいな。グローリーは爆音なのに全部綺麗に音が聴こえて、何一つ音が潰れてないのに耳が痛いくらいの音量で面白かった。
序盤で夜戦ちゃんの唐突感も一瞬で吹き飛ぶディープさが素敵だった。
こんな短いスパンで夜戦ちゃんに突入することが自分の観てる中で無かったのでゲラゲラ笑ってたしテンションぶち上がった。空調切るのにハマってるのか汗だくになって、これも気持ち良かった。ライブで汗かくの気持ち良いのにいつから避けたいみたいな感覚になってたんだろ。
ガイガンの音の鋭さと裏腹に普段よりキュートな所作に映ったのは何でだろう。
new music〜のほわほわした空気に這うベースと強いメッセージは何度聴いても滾るものがある。

SPANKPAGE
凄かった。
何か観れる機会に観なかったりしていて、何回機会をドブに捨ててたんだろと激しく後悔した。
冷んやりと荘厳で、森抜けて海サーッみたいな繊細なのにダイナミックな、アレ?大丈夫?今めっちゃ頭悪そうですけど、まあ実際悪いんだけど、兎に角凄く良くてCD欲しいCD欲しいCD欲しいと思いながらライブ最高かよライブ最高かよライブ最高かよって観てました。
あんな突き抜けたクオリティーのサポートバンド観たことない。中尾さん田渕さん水野さんあわわわわ。
ピンと張った緊張感、声を掻き消す程のシューゲ轟音ギターが乗っても一切失われない爽やかさとか、ドラムの音が一打一打クリアでめちゃくちゃカッコイイのにコーラスまで美しいとか、ベースのブリブリっぷりとか、全部統率してるボーカルのピリっとした感じとか、もう何もかも凄かった。
何かまだまだ全然何も知らんのだな、と教わった気分。
素敵なアーティストでした。

帰りの電車でも一回冒頭のガオーポーズしといた。
これで暫くはやらなくても良いです。
ガオーポーズが正式名称なのかは不明だけど、写真=ピースしか脳のない僕のような人には是非オススメしたい。
星3つです!
☆☆☆

またー。