読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

2015.05.05 科楽特奏隊、岡崎体育を観てきました(@京都voxhall)

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか、ちょっとは楽しいでしょうか。
こちらとしましては遠出しようと電車に乗ろうとした所で妹に子供が生まれたとの知らせを受けてラッキー、大好きな動物園であらゆる動物と触れ合えてラッキー、帰りの新幹線で東京まで行けばゲスバンドを観れそうで実は間に合わなくてちょっとションボリ、最後にガツンと大森さんの妊娠発表でブチ上がりという素晴らしい連休を今のところ過ごしています。あとは菅野美穂さんの妊娠発表とかもありましたね。これも嬉しい。
大森さんに関しては例えとして決してふざけている訳ではなく、窪塚洋介のPIECES OF PEACEを読んだ時に同じ様にブチ上がったんですが解る人いませんか?そうそう居ないのは承知で僕は待ち続けたい共感を。
妹に関しては2人目の出産ということで、お姉ちゃんになる祝いみたいなので1人目の子にもプレゼント買ってったんですけど、気に入ってくれたものの、お腹空いたと納豆巻きまで買わされました。3歳にしてしっかりしてんなー心配いらないやと思う一方何かちょっと泣けました。
何にしてもめでたい!

ライブ行ってきました。

2015.05.05@京都voxhall

voxhallは開演前はドリンク半額。
カルピスがパックの原液なので最近ここではコーラと割って貰う。
最初は強烈に甘いと思ってたけど今では完全に癖になってる。デブへの近道。

岡崎体育
面白いとは聴いていて、スタイルからクリトリックリスみたいなものを想像していたんだけど、トラック流して1人でやるという所以外は全然違った。
最早歌まで流して踊り+身振り手振りみたいな曲もチラホラ。勢いとポップさで作られたトラックに自虐やらシュールなギャグやらが乗ってて、トラックが良い分純粋にギャグアニメみたいに成り立っててエンタメだなーと。
めちゃくちゃ面白かった。

科楽特奏隊
久々に観れて嬉しかった。
どうしてもセトリが変わらないもののテレビサイズのレオ、タロウ、80で一気に突き抜けるのは圧巻。テンションがブチ上がる。
テレビサイズって本当に見せ場が一回しかない分そこで全部ピークが炸裂するから気持ち良い。
怪奇大作戦のテーマは重厚な大内ライダーのベースから入ってサビの開放感が素敵。どの曲もロックバンドに落とし込んでる分テンポが早いので汗をかいてしまう。
ゴジラのテーマとかえせ!太陽をの流れは何度観ても凄く好き。御当地怪獣のテーマはようやく聴けたけど思ってたより早くてジャカジャカしててブースカみたいなのを妄想してたので笑ってしまった。楽しさを存分に伝えようという気に満ちた曲て初めて聴いたけど歌えた。
仮面ライダーV3、大内さんもしかして痩せた?というか大内さんのシルエットが何だかんだカッコイイから映える。マッハバロン、帰ってきたウルトラマンという鉄板の締め。
ロックに近いとは言え、オケなんかで録られている楽曲が多い特撮ソングをこれからどう取り入れていくのか、もしくは仮想怪獣のテーマなんかをやりだすのかとか、色々楽しみになってしまう。
ようやくライブ盤を手に入れたので楽しみ。
やっぱり特撮ソングは滾るものがある。
パターンというか正義のヒーローにグッとくる感覚は染み付いたまんまだよな、と。

モルグモルマルモ
前にもvoxhallで観た気がするのだけど、初めてしっかり観た(とは言っても都合上半分しか観てない)
ヒョロヒョロと捻くれているのにパーンとした北欧チックな開放感とヘロヘロとしたコーラスワークが気持ち良かった。
こんなバンドだったんだなー楽しかった。

会場の転換BGMは特撮曲で、ちょうど読んでいたサスペンス小説がサイケで緊迫感あるクライマックスだったのでいちいち重厚感を貰えてより手に汗握る感じで読めて得した気分でした。

帰りの電車でこれを書いたらずっと気になっていた「月と六ペンス」を買ったので読むつもり。
京都にその名がついた店があるって何かで聞いて、店の名前にしちゃう程の本ってどんなだろうなと思ったのがキッカケ。面白いといいなー。

またー。