読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

思いついた事を思いついた順に書く。

会社の食事会の会場となったお店にワンルームマンションで通りそうな広さを誇る個室トイレがあって、その個室内に椅子が2脚あった。裏声で「インスタチャーンス!!」とか叫びながらそれを写真に収めたかったのに携帯を席に置き忘れるという大失態。
しかし、トイレの個室に椅子が2脚というのは己の生活文化及び水準には無いシチュエーションなのでブルジョワ的な文化かなと妄想がヴェルサイユ宮殿まで及んだ。あの辺の贅の沢をヤーヤーやってるチャゲ&飛鳥ズの中ではお手洗いに椅子を2脚置くというのが富の象徴で、その名残りだよなどとでっち上げながら何故か脳内にレミオロメンが丁稚奉公、延々と粉雪舞う季節は何故かすれ違いのエンドレスリピートそこはせめてサビであってくれとすれ違い続ける脳内再生によりあんまり人の話聴いてなかったけど料理は大変美味しゅうございました食べログ星4.05差し上げまする!!!
って感じで中間管理職になってからと言うもの、どんな不平不満を抱かれているのだろうと内心ビクビクしてたけど後輩は何かお菓子くれるしオチの無い話を次々投げ込んでくるしで、オチが無いって文句じゃなくて単純にオチ無くても大丈夫な人だと心許されてる風に受け取っての表現なんだけど、舐められてるだけ?舐められてるだけって説も飴でいうと特濃ミルク8.2くらい濃いんだけど良い方に受け取っていかなきゃ耐えられないからなーって適当さが身につきかけていて成長したという事にしよう!と脳内ポイズンベリーしてる間にラストオーダーでした。
脳内ポイズンベリー観たことないんだけどクリープハイプが主題歌だし、そんな感じで面白い映画なんですよね。きっと。「憂、燦々」の歌詞がめちゃくちゃ好きで一年くらい経つのに未だにたまんないな。
帰り道コンビニで餡蜜買ったら蓮池に片脚突っ込んで困ってる尾崎世界観みたいな店員さんに温めますか?って聞かれてエモかったし、興味本位で買った雑誌の珍奇植物の特集は事前知識無い層を見向きもしない上空バトルで気分はドラゴンボール終盤におけるヤムチャのソレであったのだけど珍奇植物めちゃくちゃ可愛いっていうか観葉植物育てたいなって思った。
こういうボンヤリした無駄遣いをしてボンヤリ将来やってみたい事が増えるっていうボンヤリポジティブこそが何だかんだで大事なんだろうねって感じでしたとさ。

あと、ベースボールベアー小出氏の特に面白くもないけど端的に日常を記録した長い長い日記を定期的に読み返してしまうんですけど同志おりませんか。
えへへまた来ちゃった、みたいな感じで半年周期くらいで読んでる気がする。
基本的にその内容は、曲考えて、体調崩して、ハマオカモトとご飯食べて、湯浅だけなんか触れ方がやけに軽い、ファミレスで歌詞を書くの繰り返し。
本当に面白くないから別に笑わないんだけど、繰り返し読んでしまう不思議。愛なのか。愛だとすれば妙に重い。がぶ飲みミルクコーヒーくらいの妙にズンと来る重さで辛い。
それにしても、この「ファミレスで作業する」というパートに本当に憧れてしまう。
一人で店に長居して作業する、というのがどうにも苦手で、発想的には「人目があれば勉強する」的なやつなんだろうか定かではないけど憧れる。
ファミレスで歌詞を書いている小出氏というテーマで僕もファミレスで歌詞を書きたい。
その機会に恵まれた日には、ここに完成した作品を掲載して、また小出氏の日記を読み返して少し近付いたと悦に浸ろうと思う。
悦に浸るって多分、オレオを牛乳につけてる時の感覚に似てるんじゃないかと思う。これは完全に思いつきだから実際どうか知らんけど、実際なんてものはいつだって案外どうでもいいのだ。
だからこれを読んでいる人も何かファミレスで作業して悦に浸ればいいと思う。別にオススメしないけど。

またー。