読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

BASE BALL BEARの歌詞の傾向を探ってみた。

第一回、第二回とアルバムのレビューを読んで下さった方も、たまたまここへ来てしまった方もどうもどうも。
独断と偏見と自己満足だけで突っ走って来た短期集中BASE BALL BEAR特集の最終回をお送り致します。
今回は、小出氏の作詞の傾向について感じた事をアレコレと書いております。
実家の押入れにファンシーポエムノートと言う負の遺産が眠っているタイプの皆さんは是非小出氏を参考にして再び筆を取って欲しいです。
その才能、錆付かせるには惜しいぜよ。
さっさと参りまーす。

<BBB小出氏の作詞ポイント>
  • 「ってる」
小出氏の歌詞に頻出する表現方法。
「夏ってる」「刹那ってる」など。
歌詞の省略化、意味のキャッチー化という効果の他、小出氏今回も小出ってるな!と微笑ましく感じる健康のバロメーターみたいな一面もあるとか無いとか。


  • 同一モチーフ
BBBの楽曲には同じフレーズが繰り返し使われており、それが世界観の統一に一役買っている。
「夕方」「黒髪」「檸檬」「プール」「海」などが筆頭でその後を「都市」「転校生」が続く。
単語を並べただけでロキノンがやたらと「蒼い」と何故そっちの蒼を使うんですかってくらい書きそう(実際は知らない)なレベルで文系拗らせ感、そしてポケモンならジムリーダーレベルで水に強い。カスミと話弾みそう。実際水が登場するステージ(楽曲)で小出氏が描く主人公は強気の部類。電気属性に弱そう。攻略の参考にどうぞなさって下さい。
黒髪に関しては最初は色素が薄く夕日に染まる風に書いていたのにメジャー以降は黒髪に統一。BBBは体育会系ではなく校則遵守の文化系に近いのでより映える印象。ただPVではとても可愛い茶髪の本田翼さんを起用しており、性癖というより世界観重視ではないかと思われる。(※ここまで全て邪推)


  • 女の子の讃え方
小出氏と言えばフランス人でしたっけ?くらいにあらゆる詩的表現で女の子を讃える恋愛曲が多い。
僕が特にオススメのフレーズをいくつか、解説付きでご紹介したい。
やり残したことが思いつかない  完璧な少女に逢えたから(STAND BY ME/C収録)

基本このスタンスなのが凄い。BREEZE GIRLという曲でも「君はそう女の子の最高傑作」と称している。

「愛」という字の上手い少女  心臓、触って!(DEATHとLOVE/C収録)

ペン字始めようと思いました。

開けたい夏のファスナー  真夏の条件  それはひとつだけ君がいるということ(真夏の条件/十七歳収録)
微笑んで!煌めいて!いま、涼風ガール  夏いね(BREEZE GIRL/十七歳)

この一文にBBB青春ソングの全てがある。

翼見えた  君の背中に「You are the venus」この例えどうだ?(LOVE  MATHEMATICS/(WHAT IS THE)LOVE & POP?収録)

遂に出来を確認し始める小出氏。

しまい太陽(注:君はしまっておきたい程、眩しい太陽です)(SIMAITAI/(WHAT IS THE)LOVE & POP?)

歌詞カードに註釈が必要なレベルの愛の造語、爆誕。

仏像でも拝みに行きたい  君欲果てしない(レモンスカッシュ感覚/(WHAT IS THE)LOVE & POP?収録)

神にすがる片思い。

心の天井 のぼってった風船が割れた(short hair/新呼吸収録)

かつてない程爽やかに美しい失恋。

悲しみのサンダー!(そんなに好きじゃなかった/二十九歳収録)

「そんなに好きじゃなかった」という理由でフラれた29歳の男の気持ち。

これだけのテンションを誇りながら、否、誇っているが故にBBBの恋愛曲のシチュエーションはほぼ片思いか失恋している。曲の主人公の胸中にある理想像と現実の女の子の温度差が凄まじく、大体その押し付けにより相手がドン退きしてしまうのではないかと推測する。

小出氏の歌詞をぶっ通しで読んでいると、「男性の恋は名前付けて保存」と言われる理由がよく分かる。もしかして自分のテンプレートが通用する女性に巡り会うまで続くのかも知れない。恋してる自分に恋をしている。

ただ、その中でこれを読んでる人に言いたい小出氏の素晴らしい点は「絶対に女の子を批難しない」という事だ。

恋愛成就の打率は極端に低い一方、女性を神話が如く讃え、好きを綺麗で終わらせる事に関しては世界の頂点を狙える領域だ。Twitterで元恋人だの異性の文句ばっか言ってる人には是非とも見習って頂きたい。



  • 小出作詞法を使って例文を作ってみよう!
ここまで出てきた特徴を用いてBBBっぽい歌詞を書いてみよう。

--------------------------------
いい感じでもゲリラ豪雨
君にとって水も滴る良い男か  僕は
黒髪の転校生 オレンジの後光
君の目、夏を映す鏡  僕の視線は乱反射
熱を帯びて

先生が教えてくれなかった テストに出なかった
檸檬は爆弾  夏を込めて
SNSが知らなかった  感情したため、今
たった一人 ベストオブ女の子
君の応答求む
-----------------------------------

いかがだろうか。
まだまだ付け焼き刃の知識に頼ってるあり合わせな勢いだけど、理論上ではこれをマスターすれば君も小出氏の後継者の座に挑戦出来るハズだ!全国大会の決勝で会おうぜ。


  • 名作選
しょうもない素人の作詞にアテられて気分が優れない方もいるかも知れないので、僕の中で最高に素敵だと思っている小出氏の歌詞を解説抜きでいくつか御紹介して皆さんの傷を癒し、お別れしようと思います。
君が書いた詩に  俺が曲をつけてくように弾ける  降り始めた雨(ELECTRIC SUMMER/C収録)
愛は形のないものだから  似ているものを  そう僕の心をあげる(愛してる/十七歳収録)
夜の充満を察知して空気清浄機が動いてる(kodoku no sythesizer/新呼吸収録)
夜明けの住宅街  決まって出くわすよ  時間掛けて磨いた  思い出の化け物(新呼吸/新呼吸収録)
「Yes or No?」の「No」の方のノを言ったかそれか言ってないかの その瞬間に夜が君の色(yellow/二十九歳収録)
人類の進化だって夕方辺りだっていう(夕方ジェネレーション/バンドBについて収録)
右袖でぬぐってきた  涙が芽をつけたなら  光りな  逃げんな  君の中で  怒りも肥だ  現実に咲いた花びら  振りまいて  そう、光な(ヒカリナ/新呼吸収録)

ベボベは本当に素晴らしいですね。みんな、ベボベ聴こうね!

またー。