読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

思いついた事を思いついた順に書く。

実家に片付けの為に帰った。
自分の生まれてから小学校入学くらいまでの写真が余りに多くてゲンナリしてその後は確認せずに処分するならしてくれと言って帰ってきた。
譲り受けたアルバムの自分の可愛さが凄くて、同じスウェットばかり着て自転車で爆走している写真、鼻に豆を突っ込んでいる写真、バットを片手に馴れ馴れしく祖父と肩を組む写真、乳首を隠したグラビア風の写真などロクな写真がないものの、贔屓目に見ても可愛さ指数だけは最高だったので、朧げながら記憶にある入れ食い状態のモテ期は確かにあったのだろうと納得した。モデル事務所的な所に登録しろと言われていたらしい。
幼い自分のA4ポスターまで持たされた。何してんだうちの親。
そんな華やかな過去から劣化に劣化を重ねた2015年の僕はと言えば、アルバムをめくる両親が此方を見やって「こんなに可愛かったのにね・・・」と落胆っぷりを投げつけてくる始末。ホームアローンばりの転落人生よ。お前らの遺伝子に抗えなかったのが息子のせいかよ、と今更反抗期を迎えそうな言われ方ではあるものの、まあいいやと思える。
それは、モテ期が自分にもあったのだという確かな事実があるからで、それだけでこんなに穏やかな気持ちになるモンかと心底感心している。人間、一度くらいモテておけば悪い事しないんじゃないだろうか。平和の為に皆がモテる制度を作るべきだと思った。
また、両親が共働きだったので保育園に加え、小学1年生の頃は放課後に学童保育に通っていたのだけれど、その頃の連絡帳が出てきて読んでいるとめちゃくちゃ精神的に線が細かったらしく、何か親と先生との心配事のキャッチボール延々書かれており、それを読んでいて過去の自分に胃が痛くなる思いだった。
あんまりにあんまりなので持って帰る事にした。何か辛い事があったら、この頃よりマシな人間になってるぜと励ます材料にしようと思った。
成績表はアホ過ぎて全部捨てた。よくここからそれなりにマトモになれたなと自分を褒めてあげたかった。
あとは中学生の頃に描いた漫画が出土しており、出土していると言うことは親に読まれたに違いなく泣きそうになりながら2秒で捨てた。親はこういうの見つけても知らないフリするのを義務化して欲しい。
あと大事にしていたCDとして手渡されたのがイエローモンキーのパンチドランカーだった。あまり思い入れがないが、大事にしていた風に映っていたらしく、どんな気持ちで聴いてたのか気になるので貰って帰ってきた。
金曜の夜とかにお酒飲みながら聴き返そうと思う。イエモンのアルバムなんて今の方が絶対楽しめるだろうに、どこにハマッていたのだろう興味津々でタイムマシンの開発が待たれる。
ただ、キンキキッズやV6で盛り上がっていた子供時代、一番先に手を出したジャニーズが少年隊だった事を考えると妙に納得がいくチョイスではある。
あとは何となく処分出来ずにいた音楽雑誌なども持って帰る事にした。
大体、藤原基央という男がよく解らない例えを用いて何万字も語ってる号ばかりでゾクゾクする。風邪かな。
持って帰る荷物をダンボールに詰め、車で運びがてら送迎して貰った。
車中でFM802を聴きながら父が、引っ越す度に物を沢山捨てられて楽しいみたいな事を言っていて、断捨離とかそういうレベルじゃなくて何かに取り憑かれてんのかな?と思った。夕焼け綺麗だった。

またー。