読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

思いついた事を思いついた順に書く。

ブログを読んでいるよ、と人に言われる際に半分くらいの確率で「性格の悪いブログ」と間違えられ、まあ間違ってるけど実際間違ってない為に訂正するのも烏滸がましくなってそのままヘラヘラしながら謝辞を述べ述べするのが通例となっている。
そもそも「性格の悪いブログ」と自分で言い切る勇気を持ち合わせていなかったが為に生まれたのが「性格の悪そうなブログ」なので先に書いた通り間違ってはいないどころかピチューピカチュウに進化したみたいな話な気もする。
まあそれはそれとして、このブログも随分長く続いたもので、もっとカッコイイ名前にしときゃ良かったなと年に2回くらい後悔するのだけれど、過去のブログのタイトルが痛々しかったので今度こそという気にならない。
これまた勇気の範疇の問題かも知れない。
サービス停止していない限り、未だ広大なWebの海を彷徨う幽霊船の様な過去のブログが特定されない程度にタイトルを挙げるとすれば、「好きなバンドの好きな曲」と「やたら長いタイトルに好きなアーティスト名を複数ぶち込んだもの」があった。
今となってはタイトルが恥ずかしくて検索する気にもなれない。とは言え、今書いているブログのタイトルだって候補に「ラムダ・ラムダ・ラムダ」があったのでギリギリでの回避だったのだ。
この手の反省は永久に活かされる事が無いので、どうせ次にブログを生み出す時はドヤ顔でつまんない造語を冠して最初のエントリーでタイトルの解説をおっ始めるおっさんになるんだと思う。
容易く想像出来て恥ずかしくて汗が出る。新陳代謝が活発になりそうなので鈍ってる人は試してみてはいかがでしょうか。
タイトル自虐ネタというか、セルフ後書き風のこの文章は既にその様な末期に足を突っ込んでいる証拠かも知れないので、真っ当な事を少しでも書ける様に何かします。

バーゲンに行くぞ!と意気込んで現金5万円をATMでおろして繁華街に出るも、買って満足するだけの買い物は避けたいという気持ちが勝り、結局50%OFFになっていたネクタイを一本、3500円で購入して終わってしまった。
バーゲンや福袋は買って満足とその後の後悔まで含めてエンターテイメントなのだと頭では理解してしまうものの、そこにどうしても貧乏性がくっついてきて切なくなってしまう。
バーゲンで満足な買い物をするには日頃から買い物という行為を楽しめる人間でなければならない。急にフルマラソンは走れないのと同じ様、トレーニングに励みたい。その集大成として次の冬には高いコートでも買いたい。鬼が笑う。節分で追い払っても余裕で帰ってきて笑ってそうなくらい遠い。
それにしても鬼の豆に対する弱さはアレルギーのレベルだと思う。蕎麦まくらで死ぬみたいな、そういう大変な話だと思うから豆をぶつけるのってどうかと思うんだけど、最近の豆は小袋に入ってるからまだ鬼にとって住みよい世界になっているんだろうか。
そんなことを考える。

正月休みから始めた軽めの筋トレがちゃんと現在進行形で続いていて自分でも意外。体重が減ってる感じはしないけど身体のラインがキュッと締まりはじめている。
日曜日の朝によく「題名のない音楽会」という題名の番組を観るのだけれど、五嶋龍さんというMCを担当されてるヴァイオリニストがサブカル一掃塩顔爽やか顔なのに首から下がアメフト部ですか?くらいのムキムキさで彼女たちが首から下げた一眼レフのレンズ指先一つで粉々にしそうで毎回笑ってしまう。
このジャンルの顔が細マッチョでなく、完全なマッチョの土台の上に乗っている破壊力が素敵だったのと同時にスポーツマンNo.1決定戦的な番組でラグビー選手がめちゃくちゃ強かったのを思い出した。五嶋さんヴァイオリニストなのに。
五嶋さんの様な見れるビジュアルではないものの、自分もまたマッチョ顔ではないのでここまでになったらそれだけでウケそうだなと妄想しながら腕立て伏せをしている。服のサイズ変わるとお金が掛かるのであそこまではなりたくもないし、なれる程ストイックにトレーニングしてないけどそんな事を今後日曜日になる度に思うのだろうな。

またー。