読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

沈黙してもいいし沈黙しないでもいい。

思いついた事を思いついた順に書く。

最近、考える事が多過ぎてこめかみに鈍痛が常駐。

眠る寸前まで雪の重みにミシミシいってる感じで自分のモノじゃないみたいに気怠い。うぜー。

大阪第3ビルだか第2ビルだかに有名な占い屋さんがあるらしくって、縋るっていうか頼るっていうかどんなもんじゃいって斜に構えつつ行ってみようかなと思って、休日出勤した帰りに会社から歩いていったんだけど余りに寒過ぎて途中でローソンでLチキ喰って、風邪のひきはじめっぽかったので葛根湯を飲んで帰った。

この日最初の食事は16時だった。悪い油が沁みて涙が出た。

それにしても気持ちが沈んでいると体感温度もグッと冷え込むんだろうか。ガタガタいいながら地下道を歩いた。

半袖半ズボンで歩いてる外人がいて少しその結び目が緩んだ。

オー、サンキュー、サンキューベリーマッチョ。

この、目の前に「ホイッスル!」の間宮茂が100人並んで醤油垂らしたプリンをグッチャグチャにかき混ぜている様な状態は少しずつ終わっていくと解っているので、まあ無事に全部納得いったらいいな。

流石にLチキ1つで1日の食事を終える訳にはいけないのでスーパーに立ち寄った。

ルフレジで財布の小銭と格闘していたら、その間にレジのおばちゃんが僕の買ったものを綺麗に全部袋詰めしてくれた。

暇だったんだろうけど、とっても有難かった。こんなに優しくされるべき上客なんかじゃないのに、と思いつつ退店したものの、脳裏に苦い記憶が蘇る。

何故だか解らないが、小学生の頃に壮絶なババモテ期を迎えたことがあった。

可愛い上に品行方正な子供ではあったものの、それでは説明がつかないくらいあらゆるクラスメイトの母親から可愛がられ、お菓子を与えられるという時期が続いた。

それ全てに素直に感謝し、バクバク食べてしまったが為に太り、劣化すると次第にモテ期は終焉を迎えた。

この、芸能人を持ち上げてから叩く構図に近い経験から僕は与えられるもの全てに感謝はすれど根拠が曖昧であれば断っても良いという事を学んだ。

なんの話なんだろう。よく分からない。

バモテ期の再来だったらどうしようと危惧していたけれど、その後特に何もないので杞憂であった。

 

休日出勤の為に奥さんとお昼に梅田で待ち合わせてカラオケにいった。デートっぽくてドキドキしたものの、言うても休日出勤のせいなので言えず。

T.M.Rの突キ破レルを歌ってみるものの全然突キ破レズ、彼の偉大さを思い知るだけで終わる。そして喉は呆気なく死亡。

あと黒い靴を二足買った。

一足は僕が決め切れず、延々待たせていた奥さんから僕へのクリスマスプレゼントとして買って貰い、もう一足は仕事用の靴でこちらは入店10秒でこれでいいやと自腹購入した。

靴など普段買わないもの程何故か同日複数買いしてしまう傾向にある。

その靴を持って映画「沈黙」を観にいく。

上映時間は3時間。

長え、が、素晴らしい作品で、観終わって体重が落ちたんじゃないかと思うほどグッタリした。

考えさせられるを通り越して考えずにはいられないというか、出来事全てが一本の糸なのにその一本がグチャグチャに折り重なっててどこが端っこなのか解らないで途方に暮れてしまう。

正解って何だろう。

とりあえず日本人キャストの凄まじさに対してエンドロールに突如現れるEXILEの文字の膝カックン以外は兎に角ズドンとくる映画だった。

もう一度観たいけれど、色々自分なりに消化して見返すと思わぬ一撃を喰らってしまいそうで本当に怖い。

 

月曜日、有休が半休に成り下がった上に飲み会。同僚は皆大好きだけど、どうしても最近目が死んでしまう。

半休の残り少ない時間をこの日記を書くことに費やしている。貴重な文字がこんなに暗いのマジどうかしてるぜ。

それにしても沢山考えることがある。

頑張りたい。

 

またー。