読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

小柄な豚のソテーただしLサイズのみ、みたいな!

小柄でパワフルな人が好きなのではないか、とふと思った。

T.M.Revolution大森靖子さん、バカリズム、ユーリ・プリセツキーなどなど。

バカリズム氏がパワフルな芸風かどうかはそもそも2次元が混ざっている事に目がいって不問とされるハズだ。

因みにユリオことユーリ・プリセツキーはフィギュアスケートアニメ「ユーリ!!!on ICE」の登場人物で、最終話の最終滑走でプログラム中ずっと主人公に対するツンデレモード全開なのが最高過ぎてiPodに音声だけ入れて持ち歩きたいレベルの可愛さとなっている。たまらん。

「小柄でパワフル」という主題がユリオ萌えに乗っ取られたのでこれについてはまた気が向いた時にキチンと書きたい。

色々そういう趣向となった要因に心当たりがあるのだ。

あとユリオがどれ程可愛いかも機会があれば書きたい。

 

さてさて、新しい職場が入社した途端に過去最高額の仕事に突入してしまい、それもまた前職の技能が変に活かせてしまう為に右も左も解らぬままかなり広域をカバーする大役を務めさせて頂くに至る。

これは自分が凄いとかじゃなく、マジで前職と同じ様な仕事が舞い込んでしまった為のポジションであり、前の週などは教育係が多忙だった為に大半の時間を社内で誰も導入していない新システムの検証に充てていた。

本当に自分の部署の人以外とコミュニケーションを取る事がない。

そんなこんなで大型案件(史上最高額)に巻き込まれバタバタして入社二週間で休日出勤に駆り出され(史上初)、ド新人なのに多忙極まり猫の手も借りたいとの事でその代休を延期される(史上初)など、全く目立てていないのに記録づくしの生活を送っている。猫、猫、猫飼いたい。

一応バリバリに気を張っているので疲れもピークである。

その中、代休が取得日の前日の帰りがけに延期された際には「意味わかりません」の「い」がマジで口から出ていた。危ねえ。気をつけないと。

「いいですよ、別に」と繋げたのは我ながら良かったと思う。ファインプレーである。

とは言え勤務時間はそれでも前職よりかなり恵まれている。

懸念は全くお弁当を作れていない為に弁当屋で買う事が増え、コンディションがかなり悪いという事だろうか。アスリート的な意味ではなく油物が多く胃にもたれるという意味でかなり深刻ではあるものの、食べないとお腹が空いて話にならない状況でこれがかの有名な前門の虎 後門の狼、要するにけものフレンズである。知らんけど。

概ね満足ではあるが、生きるのはそれでも結構難しいのだなという感想。

 

そんな中の貴重な日曜日、万博記念公園で奥さんと友人が花見がてら散歩するというので合流させて貰う。

そもそも上記の通りな新生活に疲れて出歩けないと思って断っていた催しではあるのでどのツラ下げて感もあったのだけれど、案外元気だし時間もあったので一行に加えて頂く。

桜は散りはじめていたものの十分過ぎる程の綺麗さだったし、何より存在すら知らなかったチューリップ畑が満開で滅茶苦茶色鮮やかだった。チューリップに沢山品種があることを初めて知った。

その他、スワンボートは大行列だったので断念したり、ソフトクリームを求めて彷徨ったり、谷町線くらいの頻度で公園内を行き交う汽車型のアトラクションに手を振ったら見知らぬお婆さんがまるで皇族の様に滑らかかつ朗らかに手を振り返してくれたり、じゃがりこにはLサイズがある事を教わったり、ジャガビーはじゃがいも過ぎて刺激が足りないのでスナック菓子のファーストチョイスではないということや平日の夜はどうして過ごすのかなどの話を聞き、ぬいぐるみと如何に写真を撮るのか現場を見せて貰ったりと中々有意義だった。

僕はポケモンの中ではゼニガメフシギダネが好きなのだけれど、アニメのゼニガメの声が何故だか好きになれなくて辛く、その旨を相談したら「ゼニガメフシギダネも似た様な鳴き声じゃん」と言われて違うそうじゃない状態に陥り人間という生き物は仲良くは出来るが解り合う事は出来ない様に出来ているので期待しない方が良いのではないか、という考えに至った。思い詰め方の初速がそれなりに速い思春期だったので、大人になった今、よくこんな能天気な方向に戻ってこれたなと感心してしまう。自分を褒める方向で片付けたい。

 

あとは何か焼肉行ったのだけれど、最近良い焼肉を食べ過ぎているのか食べ放題に魅力をあまり感じなかった。

とても有り難いハズなのに贅沢な話である。

Base Ball Bearの新譜を買って帰宅。

チラッと発表されてた曲があまり好みで無かったのだけれどフルでちゃんと聴くとスゲー良かったので、しっかりと、たくさん聴きたい。

 

またー。