読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

2015.01.12 穴あなを観てきました。(@京都MOJO)

成人の日ですね。
新成人の皆さんおめでとうございました。これからはTwitterで飲酒喫煙ツイートしても炎上しませんが、降りかかる責任はどこまでいっても己のせいです。選挙も文句ばっか言ってられないです。せいぜい頑張って下さい。
でもアレですね、自分達の晴れの日を使って己の青春を振り返るタイプの大人の多さに呆れたでしょうね、これが大人というものです。マジお疲れ様です。偉そうな事言って大抵過去に縋っているものです。
僕の場合は別段面白かった記憶も無いので話しませんが、新成人の皆さんは聞いてもないのに己の成人式武勇伝、もしくは自虐節を披露してくる大人に対してそれを聞いた上でTwitterだのFacebookだのチェックしてみると面白いと思いますね。大抵「絶対盛ってんだろお前」と思う程の覇気の無さだったりしますからね。皆さん薄々勘付いているかも知れませんが、成人したくらいでキャラが大きく変わるなんて早々ありませんからね。本当に信じられる人を見定める良い実験になると思って苦笑しながら聞いてあげてはいかがでしょうか。
僕から一つアドバイスが許されるならば、そんな所でしょうか。
あとは「書店員は大体性格が歪んでるから気をつけて」「学割利く所にはとことん行っておいた方が良い」「コンビニスイーツばっか褒める奴は信用ならない」くらいでしょうか。皆さんお元気にお過ごし下さい。

ライブ行ってきました!

2015.01.12 @京都MOJO

穴あな
<セットリスト>
カエル→カラスは考える→オルトロス→濁した言葉→二重生活→テレサハウス
久し振りに穴あなが観れるということで京都まで。
カエルの怪しげな疾走感。歯切れ良いギターなのにサイケで良い。カラスは考えるは淡々としたドラムに浮遊感あるギターが絡んで文学性炸裂。濁した言葉もそうだけど、この妖しさを連れてくる浮遊感が穴あな最大の魅力だと思っていて、初期ORGE YOU ASSHOLEが持ってた浮遊感と瑞々しさの両立を穴あなも鳴らしていて、そこにオルタナではなくサイケが鳴って歌謡曲ばりに渦巻く歌詞が乗った時の威力は沢山の人と語らいたいです。
新曲オルトロスはザクザク切り込んで突き進む様なギターとめくるめくサビが印象的。二重生活の逃れられないやり切れなさと愛憎に突き動かされる様な衝動は芥川龍之介読んでる時のページめくる勢いに近いかも知れない。
二重生活の轟音から入る破壊力満点のテレサハウスのイントロが好き過ぎてもう。コーラスが鳩尾にヒューってくる感じに光りまくる曲なので突き進むベースに引っ張られながらもジェットコースター感あって緊張感気持ち良い。
唯一、ボーカルの声の調子が芳しくない様でそこだけが残念だったけれど、演奏も声も両方コンディション整えないといけないとか大変なパートだな、としみじみ思った。何も出来ないのでとりあえず早く快方に向かう様に神に祈っておきます。

pavlov
強度抜群のドストレートポップとドストレートボーカルに、どこかで観たよなーどこかで観たよなーと思いつつ、夜という曲を聴いて「あ!あのバンドか!」となること過去3度。
案外観ているパブロフは、関西特有のストレートさはcuneスムルースに通じる力強さとカラフルさで観ていて楽しくなるなーと今回も思った。
CD買おうかなと思っていたのだけれど、岡山か東京に行きたい気持ちが揺れているので節約の為に後回し。もっと業績あげてポーンと買える様になりたいものですね。頑張るぞー。

珍しく京都からの帰りの電車が空いてた。
ボックス席の向かいに座っていた女性2人組が綾野剛松田龍平どちらがより遺伝子的に優れているかプレゼン合戦をしており、お互いが彼女ですくらい私は知ってるんだぜ状態に熱を帯びておりいっそツイキャスでもしろよと思いつつグレイプバイン聴いて何とか耳から締め出そうと試みた。
そういや田中さんの声で妊娠出来そうとのたまう女性に人生で4人出会った事があるのだけれど、そう語る目は向かいの彼女達のソレと変わらなかったような。

またー。