性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

似合う食べ物を持っているかどうか、という才能。

AマッソとKID FRESINOのライブを観ていて、FRESINOさんが「ワンタンスープ」と言うシーンにおいて彼本人の実際の好みはさて置き、似合い過ぎていて眩しかった。中華料理においてどころか食べ物全域に射程を広げても「この食べ物が似合う」みたいなものが自分…

引退を決断した手袋の談話。

寒波という文字があまりしっくり来てない人生だったけど、今年は「ああ、なるほど、寒波って名前通りの活躍でいらっしゃる…」という寒さの絶え間ない波を感じて「こんな身体に堪える日本語で遊ぼうマジ最悪な教育テレビかよ」と毒付きながら毎朝、歯をガチガ…

2023/01/27のメモ。

排除アートみたいな言葉が生まれる窓口の色、ドライアイにやけに沁みるからSNSでこの痛みを研ぎ澄ます、誰かに刺されと投げることで誰かに花束を貰えたらなんて無い国の等価交換、朝マック間に合わない寝癖の大胆さ、退屈な夢ならみない方がマシみたいなタイ…

Spotify物騒検索。

かなりの過剰労働でストレスが凄過ぎて殺意みたいなものがうごうごと蠢いていたので思わずSpotifyで「殺す」と検索したら自由ヶ丘さんの「お前を殺す」というおあつらえ向きの曲が出て来て聴いたら淡々としつつほんわかユーモラスなトラックにサラサラと徹頭…

ジョイフルメドレーの魔力にやられた人間の戯言。

最近、スタバの「ジョイフルメドレーのホットのティーラテ」が凄くお気に入りで、頑張ったな!と思うときに買うことがある。よく「自分へのご褒美は無駄遣い」みたいな話題がネットで節約記事になってるし、まあそれはそうと自分でも思うんだけど、別に節約…

お年玉の運び屋としての正月。

年末年始の休みが最終コーナーに差し掛かっている。 大晦日は何やかんやブツブツ言いながらも紅白歌合戦を観て過ごした。 色々楽しんだ中でIVEがとても良くてその後聴きまくっている。 それにしても何やかんや言いながらも観てしまう辺りにNHKの、紅白の、そ…

2022年のあれこれ。

僕の2022年がどんな一年だったかなんて、人様からどころか来年以降の自分からしたって興味が湧くものなのか正直解らないんだけど、そんな事を言いながら積極的に書いてる部類なので終わってない厨二病、未だに斜めから投げる事を許された数少ない界隈、気分…

カップ麺との距離感。

スーパーやドラッグストアでカップ麺を買う時は安売りになっているものの中から選ぶのにコンビニで買う時は値札を見ずに買う自分がいる事にこの年の瀬に気が付いてしまった。大掃除という普段からやってないから規模がデカくなって大なんて冠をつけて気合い…

電気毛布は敷き掛け兼用が良いという情報を得た。

最近、寝室が寒くて湯たんぽで暖めて就寝していたものの、朝は冷んやりした空気で目覚める事があり、冬が寒くて本当に良かったなぁと藤原基央氏の様に素敵に言い表している場合ではないと睡眠阻害の危機感を積もらせ、挙句に電気毛布を楽天市場で買うという…

ケールとロイホと僕の三国同盟。

ドラッグストアに行くぞ!となる時、いくつか買い足したいものを思い浮かべ、何ならスマホにメモも記してから行くし、目移りせずに無駄なものは買わないで済ませられるにも関わらず、4品を超えるとかなり高い確率で1品買い忘れが発生する。これは「3つ以上欲…

M-1観ながら呟いていた事のまとめ(2022年)

去年もまとめていた気がするM-1決勝見ながらしたツイートの羅列です。今大会の前にボーっと前回のを読んだりしていたので、今回も来年のために(来年も開催されて欲しい)まとめておきたい。所々読みにくかったので( )で補足してるけど別にそんな良いものじゃ…

眠れないから悪魔を数えた夜。

月曜日の悪魔、意図が不明確な会議の悪魔、エクセルのド初歩の質問を繰り返すおっさんの悪魔、サビ残の悪魔、満員電車の悪魔、サバ落ちの悪魔、サ終の悪魔、シリーズ構成高橋◯◯◯の悪魔、ガンダムらしくなってきたの悪魔、阪神ファンの悪魔、沼の悪魔、消費税…

最近聴いた音楽の話とかそういう類の。

HoneyWorks feat.かぴの「可愛くてごめん」をアマゾンプライムミュージックにお薦めされて圧倒的な肯定感に最高過ぎるとなっている。 何の作品の為の楽曲なのかもまだ知らない状態(敬意を払いたいのでこれを書き終えたら調べます)なんだけど良過ぎて鬼のよ…

年末調整は季語なのか、四字熟語なのか。

年末調整の書類を提出した。 毎年始まると早めに片付ける様にしていて、何故かというと総務の担当者の方が早めの方が優しく不備があれば教えてくれる余裕があるから、という何とも他力本願な理由である。 毎年やっているはずなのに全然覚えられない不思議な…

AIが描いたサンダードーム

前出のバー・ポームムの「桃と紅茶」が伝説の炭酸飲料「ごめんね」と味が似ているという件について、物好きな友人との共有により同じサントリー製であるという事に思い至り、当時ごめんねを愛飲していた子供が開発者として大人用ごめんね、通称「申し訳あり…

炭酸飲料追憶編〜2022年にごめんねを探して〜

最近発売されたバー・ポームムという緩いんだか何なんだか解らないものの若干の宮沢賢治「やまなし」みのある響きのシリーズのお酒を愛飲している。 カシスは赤ワイン好きに向いた渋みがあるのでリピート出来ていないのだけれど、「桃と紅茶」なる味が伝説の…

第九を耳コピでケーキセット半額。

先日、カラオケで「神様、僕は気づいてしまった」の『名前のない青』を歌いたくなり、デンモクで「神様」で検索を掛けたら予想の遥か上の神様を含むアーティスト名がヒットして「八百万…」と神の多さに気圧されてしまい結局歌わずにそっと検索画面を閉じて米…

自分、ロンドンで不良やってました!と言う盛り過ぎて虚偽になってしまうアピール

ロンドンの不良は動きやすさとお求めやすさでリーボックのスポーツウェアを好んでいる、とファッション系の記事で読んで「あ、中学生の頃の僕はただのオタクではなくてロンドンの不良でもあったのか」と見当違いも甚だしい妙な感慨と「確かにそういうことあ…

デスクワークをする事でしかつかない筋肉。

帰宅する為に電車に乗ろうと駅構内を歩いていたらSONYと書かれたシンプルなTシャツにゴツいヘッドホンをしたおじいさんが向こうからやって来たのが見え、存在が完全に歩くSONYの広告塔なのが気になってしまい、どんなヘッドホン使ってるのかなと気になってマ…

ドキュメントを見ながら誰もがドキュメントしてる。

生活スタイルが単純に変わったのもあって、今年の夏は殆ど蚊に刺されなかった。 昨年購入したムヒの残りの出番は今年訪れず、肌につけるものであるしいい加減処分しなければと思っている。 今年に関してはお盆休みという長期間暇な日(アクティブでないので…

新しいルームメイトが現代アートだった件。

山Pさんが英語でペンギンと会話するCMを初めて見た時、山Pさん相変わらず美しいな…と目を奪われているせいで尺の半分を過ぎるまで英語を話している事に気付かなかったので驚いた。 単純に普通に流れている日本人出演のCMが英語な訳ないという思い込みも含ま…

何もないお盆休みを埋めてくれる作品たち。

アマゾンプライムビデオで作品を再生すると画面にレーディングと共に注意事項が表示されると思うんだけど、 「暴力」「薬物」とかだと露骨だったらどうしようと若干身構えてしまう一方、「飲酒」の飲みっぷりが自分以下だったりすると自分のお酒の嗜み方は警…

いろんな場所に身を置きながら誰もが暮らしておるという話。

小型犬が2匹、お互い飼い主に抱かれた状態で鉢合わせ、かなり攻撃的な、高圧的なニュアンスでキャンキャン鳴きあっており一触即発を演出しながらも互いに身動きをせず、一切飛び掛かるポーズも見せないのを眺めながら「ラップバトルの方が断然ハラハラするな…

一丁前にサラダ。

武尊選手のカミングアウトに触れ、次元が違い過ぎるのだけれど「勝って当たり前」に晒されまくる管理職、自分が倒れたら終わりという生活そのものからの何重ものプレッシャー受ける自分が言えないしんどさを「そう思っても良いんだ」と思えた事でとても感動…

ニベアを塗りたくって福を呼び込みたい。

「あそび」という検索しにくさこの上ないコンビの『新人バイト』というコントを眺めていたら恐竜がコンビニに新人バイトとしてやってくるという内容で面白かったんだけど、何より序盤で肌がベトベト(かベタベタかヌルヌル)していると言われたのに対して「ニ…

雨乞いサンバで雨に挑む天才。

同じマンションの住人に集会室に集められ、「YouTubeで見た」と豪語する雨乞いの踊りを教え込まれるという夢をみて、目覚めたら雨が降っていた。YouTubeで(どこかで伝承されているであろう)雨乞いの踊りを見る、というのは物凄く現代的な組み合わせだなと思…

オニギリアソリッド3

平日、会社勤めの昼食としてほぼ毎日おにぎりを3つ握って持参している。元々はお弁当を作っていたのだけれど、昨年の夏に傷む可能性を考慮して秋になるまでおにぎりだけで我慢しようと思って始めてみたら、自分がそもそもおにぎりだけで全然満足するタイプだ…

ハイブランドンキあれそれ。

Twitterを10年以上使っていて、時々「この、いつでも辞められるんだからな!と思いながら延々辞めないこの感じは恐らくギャンブル好きとかタバコ好きとかと分かり合えるんだろうな」と思う。実際どうなのかは解らないし、お互いにお互いをコイツと一緒にしな…

幻のスギちゃんと1000年後に会おう。

仕事で外出し、交差点で信号待ちをしている時に同僚が突然「あ、スギちゃん!」と言ったので「え!?どこどこ???」と当たりを見回していたら「暑過ぎちゃうん、って独り言を言っただけですけど…どうしたんですか?」と挙動不審な人を見る感じの物凄いジト…

集団予防接種英雄伝(OVAシリーズ)

三度目のコロナワクチンの接種予約をようやくしたは良いのだけれど、三度目となると当日を指折り数える様な緊張感もなくうっかり忘れてしまうのではという気さえしてくる。市町村の接種は未だ大繁盛なのか、それとも数が少ないのか一向に予約が取れず、結局…