読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

思いついた事を思いついた順に書く。

仕事が年度末で大変なことになっていて、師走よりも駆け回っている感じがして小学校のリレーに似た緊張感を思い出しますね。

クラス対抗リレーで転ぶと余程普段からスクールカーストが高いかキャラ通りじゃないと評価が目茶苦茶下がる訳で、善くも悪くも目立たなかった僕としては気が気でなかったので好きじゃなかったっけ。
運動は別に苦手でもないし、野球チームでは市の選抜チームみたいなのにも混ぜられた経験があるんですが、クラスの野球部以外が全くそれを知らないくらいに目立っていませんでした。ただの魔法陣グルグル好きとしか思ってなかったろうな。
(まぁそもそも野球が上手かったというよりはバット出した所にボールが来るというラッキー少年だった気がしていますが)
そんな目立つことが苦手だった僕は社会人にして何も変わらず、納期通り仕事を仕上げるけどいつまでたってもがっはっはみたいな笑い方する体育会系の得意先には名前を覚えて貰えず、同じような大人しい人からやたらとメールが届く日々を過ごしております。
大人しい人たちは総じて発散させる術を持たずに歳ばっか喰ってしまったので性格悪いですね。好きだ。
「可愛いだけだろうが、とガンガンtwitterで叩いてやりたくて買った部屋着が目茶苦茶着心地良くて私の人生こんな価値観でいいのかなって泣いた」と言うエピソードが今のところ2015年の首位です。
この話を聞きたい人はオフ会しましょう。お洒落な講師を招いて、黒歴史を競った後にお洒落のイロハを1から教えてもらい、最終的には全員一緒に服屋に行って教えを活かして一着買うという流れのオフ会をしましょう。
問題なのがこの苦行を参加者の割り勘による飲食代の奢りだけで受け持ってくれるお洒落な人が身近にいない事です。困った。
またお洒落偏差値が高い癖にお洒落じゃないと申告して紛れ込むスパイにも気を付けないとなりません。独り勝ちを許すな・・・。
参加資格として「スタバに1時間滞在する能力が無い、服屋で店員が来ると逃げる、子供の頃はBAD BOYかPIKOを着ていた」くらい設けた方が良いんじゃないか。
そんな話を残業しながらしていたら「彼女すらいない人間が既婚者の道楽に付き合ってる暇ねぇんだよ」みたいなことを言われました。
ちなみにオフ会は言ってみただけでする勇気ないのでお断り致します。行動力が伴っていれば多少明るくもなるんだろうよ。どうだ明るくなったろうの風刺画何か好きなんだよな。


そんな訳で年度末のバタバタで残業が積みあがって終電を逃し、タクシーで二日連続で帰宅したんですがタクシー運転手が個人的にアレだったんでその話を書いてさっさと眠りたいと思います。
初日のタクシー運転手は行先を告げてしばらくして突然「お客さん、好きな薬味は何ですか?」って聞いてきた訳でスベリ気味の合コン自己紹介時の一言コメントかよって思ってしまいましたね。
スゲェつまんねーけどタイプの彼と同じ薬味を挙げて親近感を・・・みたいなちなみにこの例えも素晴らしくスベっているんですが素人がスベるだのスベらないだの言うのはなーとマキタスポーツさんの本を読んで以来違和感があるのであんまり言わない様にしたい。ありのまま、そう、ありのままの私でいいの。

で、タクシーの車内で好きな薬味を聞かれる経験なんてこれまでしてこなかったので「えっ?」って返してしまったら「だから、薬味ですよ、や・く・み!ゴマとかしょうがとかあるじゃないですか~」と下請けに対する若手電通社員(妄想です。お詫び申し上げます)みたいな物言い。

何となく腹が立ったんだけど、タクシー乗せて貰ってるし15分くらいの付き合いだしいいかと思って「しょうがですかね」と答えたんですよ。
そしたら「え~?本当かなぁ?」と5分くらい怪しまれたからね。全然納得いってない感じで、何か申し訳なくなったんだけどそもそも納得いくとかいかないとかそういう問題じゃなくね?
もしかしてオーラ的なのが視える人だったんだろうか、そんでミョウガのオーラがバンバンに出てる僕がしょうがとか言ったから「違う、坊主・・・お前はミョウガだ!」みたいなアレでもあったんでしょうかマジ面倒臭いですね奥さんに嫌われたらいいのに。

翌日は、とりあえず初日に乗ったタクシーとは違う色の車に乗りましたね。
嫌だもん、昨日のしょうが坊主とか言われたら。
そしたら今度の運転手さんはLINEの話を始めたんですよ。娘がLINEやってるけどやり方が解らないって言う話で、これなら大丈夫だわって思った。最初は。
運転手さんが「LINEのやり方ホント解らんのですわー」みたいに言うので「僕もやってないので解らないですねー」って答えたら突然「えー!?お客さん若そうなのにやってないの!?お客さん幾つですか!?」って一気に雲行き怪しくなった。
「29です」って答えたら「そりゃやってるよー!」と決めつけられてしまった。
30秒前にやってないって公式発言したのに真向否定。スポーツ新聞か。
「いや、やってなくて…」と言い終わらない内に「やってる!29でしょ?まだまだ若いじゃない、やってない事無いよー!」と被せ気味で来られて、最終的に「あぁーアレがLINEかな?意識してなかったけどアレがLINEかな?」みたいな気分になりました。やってないのに半ばやってた風に仕立て上げられました。自白の強要とかでクビになった元刑事か何かかコイツ。
それでも僕はやってないと加瀬亮だったら言えたんですが、こちとら深夜まで仕事してて意識朦朧で面倒だったのでやった事無いけど「そんなに難しくない。スマホでメールとネットしてれば誰でも出来る」と嘘のアドバイスを授けました。
タクシー運転手が喋るタイプだと「家に帰るまでが仕事ですってマジなんだな」と思うんだけど、人生でここまでパンチ利いた運転手さんに出会った事も無かった。良い経験になったと思います。
とか言うと思ったかセンスの無いスタンプ連打して娘に嫌われろ。
暫くタクシーはお腹いっぱいだな。

そもそもタクシーに乗る時は疲れているので全然喋らない運転手さんがいいなって言ったら、それは疲労っていうよりお前が根暗だからだよって 教えてくれたのは誰だったっけ。。。

わかってるそんなことあたりまえのことさ。

↑今週のキーワードはコチラ!何のフレーズか当てた回答者全員根暗仲間ですおめでとうございます!暗がりで会おうね。よろしくどうぞ今日の日記はマジでゴミです。


またー。