読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

2015.11.13 オワリカラ、sleepy.abを観てきました。(@札幌Spiritual Lounge)

朝、飛行機。
こんなに沢山の女の子たちと飛行機に乗り合わせるのは初めてでウキウキするけど、彼女たちは大体嵐を見に行くのだ。
いいな、嵐は幾つになっても女の子がわざわざ飛行機で沢山会いに来てくれて。
いやまあ、僕も数万の経費で会えるならば嵐に是非とも会ってみたいのだけども。コンサートのチケットってファンクラブじゃなくても運が良かったら当たったりするんだろうか。でも当たるならファンクラブの人に何だか悪いな。
それにしても死ぬまでに一度観てみたい。ジャニーズのコンサート。あれだけ多種多様な曲を一本のコンサートにストーリーとして落とし込んで組み立てるんですよね、最高に楽しいだろうな。カッコイイだろうし。
最近ジャニーズ界隈で凄く感動したのはチャンカパーナという曲をMステで観た時で、なんだろう、この特別だよって歌われる事が普通にマジ特別に感じられる感動っていうか、なんか、そんな感じで凄く感動したんだっけ。伝わらないかも知れないけど。
そんな事を考えていると楽しくなって、飛行機でビールを飲んでみたかったので勢いで購入。隣のサラリーマンのおじさんの朝からビールかよって視線が心地良い。終電の新幹線でビール飲めなかったあの日の仕返し。違うおじさんだけど。八つ当たりかも知れないね、人生は。
500円でおつまみまでつく美味しいビール。ライブハウスのドリンクとは一体何なのか。
なんて事を考えながら新潟のビールを飲んでるとあっという間に青森の上空で、青森には行ったことがないけど、青森の大学を思い付きで受験しようとして先生に「何にもないぞ!?CD屋もないぞ!!?」と脅されて「あー、CD屋ないのか、じゃあやめときます」と諦めた(別に目的は無かったので拘りはなく、恐山とか行きてえなと思っただけだったのだ。勉強出来れば何でも良かった)のを思い出した。
青森行ってたら、今、どんな生活してたんだろ。
妄想してる間に着陸態勢、農家でしいたけ作ってる説かゼネコンでウェイウェイやってる説が有力だった。ウェイ系に近い世界でなる機会を逸し続けたある種の悔しさはやっぱ根強い。
何は無くとも久しぶりに北海道。
今度は食中毒にならずに帰るぞ!意気揚々に気合十分であります。(前回札幌に来た時は食中毒になって帰りました)

ロイズで板チョコが丸ごと挟まれたパンを食べ、揚げたてのじゃがりこみたいなやつを食べ、大森靖子さん界隈に有名なシュタイフに行き、展示は600円の入場料で写真撮影オールオッケーという天国で僕は当然野に放たれた野獣の様相、良かったーマタギがいたら確実に撃たれてたわ写真撮りまくりで嵐のコンサートに負けない熱気を醸し出し、最終的に8000円するぬいぐるみを買った。
札幌に出てくる電車の中、口笛が異常に上手いおじさんがソシャゲに勤しみながらコブシ、ビブラートが効いた独演会を開催しておりその上手さに聴き惚れる。
寿司は二軒見て回り、観光客御用達でもある奥さんのお友達オススメの寿司屋と地元民御用達の寿司屋で、地元民の方のオススメが揚げた肉のお寿司とかでオッケー観光客だから生もの食べたいぜと地元民と並ぶための背伸びなどせずバリバリ有名な方に行って堪能した。主に痛風一直線みたいなお寿司ばかり食べてしまったけれど後悔はない。めちゃくちゃ美味しかった。
あとはたまたま買ったケーキ屋が大変美味しかった。
後輩に仕事のメールをすると「あ、なんかお久しぶりです(笑)」と言われる。プレッシャーの掛け方が自分に似て来ており育成失敗を痛感する。

夜、札幌、ライブ
2015.11.13 @Spiritual Lounge

3年ぶりくらいに観たけど相変わらず素晴らしいバンドだった。
あのシューゲイザーなのかオルタナなのか解らない冷んやりとした荘厳さは何なのだろう。まろみのある爆音で節々がしっかりハードコアというか。世間一般のハードコアがおやつカルパスだとすればsleepy.abのソレは一度は食べていただきたい粗挽きサラミというか、あ、やっぱ今の無しでお願いします。
にわか過ぎる発言でファンの怒りを買う恐れもあるのだけれど、すげー北海道の大らかさと綺麗さと厳しさを併せ持った音楽でめちゃくちゃ感動した。
成山さんは相変わらず平熱で淡々と棘を刺す人であった。

前回札幌に連れて来てくれたのもオワリカラだった。
フワフワと船から始まってわっしょいダンスタイム。
マッチメイカーにしろ変化にしろsign! sign! sign! sign!にしろキレが凄まじかった。ビートのサビの歌詞とアウトロのギターが涙腺に来る。sign!〜の導入が笑ってしまう程カッコ良くこれを聴けただけでも来て良かった感。
北海道はカメダくんの出身地なのでカメダくんの気合が毎度凄まじく、ガイガンではタカハシパートを奪う鍵盤頭突き祭りにギターエフェクター乱舞と盛り沢山。しかし単純に鍵盤の演奏幅が広がり続けてて何なんだこの人はと感動した。テルミンみたいなやつ何て言うんですかね?あれの音が気持ち良いくらいドンピシャにコントロール出来てたの凄かった。シールドブチ切れる程の躍動。
夜戦ちゃんが発狂するほど良かった。
Q&Aは弾き語り風の導入からで、これもまた素敵でたまんなかった。
北海道のオワリカラはめちゃくちゃ楽しいなー、本当に楽しいなーと心底思ったライブだった。

その後、奥さんのお友達が迎えに来てくれてmixiの話と嵐の経済効果の話、あとART-SCHOOLの話で盛り上がる。
セイコーマートの130円のボンゴレビアンコは駄菓子的なジャンキーさでもってどか食い欲を掻き立てる素晴らしい味で普段使い出来る距離になくて本当に良かったと思う一方、近所に出来ねえかなと願わずにいられない感じだった。
あっという間にストンと就寝。夢はみなかった。

またー。