読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

思いついた事を思いついた順に書く。

就活サイトの撮影は性格が社交的な人と顔面偏差値が高い人から順番に被写体として声が掛かる。
先輩社員のインタビューなども同様なので、性格が暗い就活生の皆さんにおきましてはバチバチに目立つ色の社員のインタビューに気圧されてエントリーやめとこう、というのは是非考え直し、会社説明会に足を運んで頂きたい。何故なら大半の社員はそんな背中に花背負ってそうな人材ではないからだ。
同じく性格が暗い就活生だった先輩としてアドバイスを送るとすれば、説明会で浅黒い肌で唇が乾燥気味、パツパツの紺のスーツを着たギラギラした人事が無駄にフレンドリーに横文字を多用し始め、あれ?肉食獣かな?これジュラシックパークザライドだっけ?いつの間にUSJに?年パス持ってないけど?と感じた時にようやく「ここは向いてないな」と思うくらいで丁度良いと思う。
何の話だろう、完全に逸れてる。
そんなこんなで就活サイトの写真撮影が何故だか今年は頻発しており、僕には関係ないと思って仕事を黙々しながらアルフォートもぐもぐしてた訳なんですが、会社の仕事風景を撮影して回っていたカメラマンが集団お見合い番組のフリータイムかってくらいのモチベーションで職務を全うしており、アルフォート食べてる所が見切れて事務のお姉さんに普通に注意された。
そこで悪目立ちしたのが祟ったのか、カメラマンが僕に「楽しそうに後輩を指導してるシーンを撮らせてください」と言い出してもう大変ワタシこれからどうなっちゃうの〜???状態で激しく動揺した。
コイツ綺麗な被写体を撮影し過ぎてゲテモノ願望でも湧いたのかと思いながら、でも何か話が目の前で逸れてきており、ラッキーこれは回避出来そうだぜと思いながら気持ちを落ち着けようとアルフォート食べたら今度は大きめな声で事務のお姉さんに注意された。
1日に同じ人から2度も注意されるの何年ぶりだろうと普通に落ち込んでしまって家に帰りたくなる己にプライドの高さを垣間見た気がする。西の今井美樹とは僕の事よ。
そんな感じで注意までされてしまったので今度こそ撮られなきゃ終われない空気になってしまい、同様に嫌がる暗めな後輩を巻き込んでの撮影がスタート。
2人してぎこちない笑みを浮かべていた所、カメラマンから「もっと自然体でお願いします!」との指摘。自然体でご期待に沿える笑みを備えてないケースを想定してくれ、という悲鳴をあげつつ、そのままの笑みでゴリ押ししたものの奴もプロでね、譲らなかったよ。
僕個人の笑みグラフでは完全にK点を超えたあたりでようやくOKが貰えて一安心、と思いきや「パソコンを覗き込んで、画面を指差しながら談笑してください」というカメラマンの次のリクエストが。欲しがり過ぎだろ。
それにしてもフリー素材でよく見るけど実際こんなテンションにはならないだろというカットをまさか実践させられる事になるなんて。
恥ずかしさから話題なぞ思い浮かぶ訳もなく、何故か脳内でマナカナが息ぴったりに踊る映像が流れ、どういう繋がりなのか思い出された記憶、友達がテイルズオブエターニアというゲームのキャラクターの携帯夢小説を連載していたというエピソードを後輩に聞かせた。
後輩はドン引きしていた。ただただ申し訳なかった。
この写真が掲載された所でそんなエピソードを披露している場面だとは気付かれはしないだろうけれど、2chの何故か保存した画像スレなんかにアップされwebの海を漂流する事になったらどうしよう、と心配で気が気では無かったのだけれど。
無事、ボツになっており就活サイトには掲載されておりませんでした、のでこれを書いている。
そして何故か後輩はテイルズオブエターニアを購入していた。
ゴールデンウィークに実家でやるらしい。ご両親にめちゃくちゃ謝ればいいのに。

セブンイレブンの焼き魚をそこそこの頻度で食べているせいで、焼き魚がパックの状態で泳いでくるという悪夢をみた。
切り身が泳いでいると思い込んでいる子供の様で愛らしいという評価に何とか落ち着けられないかと思案したけれど、まあ無理でした。
精神構造に何らかの欠陥があったらどうしようと思いながらも程よい塩味だし、どうせまた食べる。オススメはサバの塩焼きです。

何か出だしがクソ長くなっちゃったから今日はこの辺で。

またー。