読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

思いついた事を思いついた順に書く。

大森靖子さんのファンクラブに入会した。
ファンクラブに入会するのは人生で二度目。小学生の頃、ガンバ大阪のファンクラブに入っていた以来だ。
当時。バリバリ野球少年だったのだけど、サッカーは試合がスパッと終わる所と足しか使わないというのが何だかオシャレ、野球が焼きそばならサッカーはカルボナーラの様に思えて親に頼みこんで入会していた。
その頃のガンバと言えば優勝のゆの字も発せないくらいのチームだった気がするのだけれど、それでも僕の中でガンバ大阪阪神タイガースよりもキラキラしていた。まあ阪神も同じくらい弱い時代だったのでどっちを応援してても大差ない気もするのだけれど。
ただ所属する野球チームには気が引けてサッカーチームの応援をしている事を黙っていた。
休日、爆音で鳴り響くガンバの応援歌をチームメイトに聴かれるまでは。と書くと一悶着あった様に演出出来るのだけど、聴かれても特に何もなかった。穏やかな人間関係に恵まれたものだなと思うと共に、そんな環境に生まれ育って何故こんな長文を書き続けるアラサーになってしまったのだろうと考えると謎で仕方がない。人生の落とし穴はどこにあるのか解らない。可能性は無限。
ちなみにガンバ大阪のファンクラブは休日を全て野球に吸い取られていた為にスタジアムに行けず、2年間くらいでこっそり解約されていた。親は親でよく2年も払い続けてくれたものだ。意外と親バカだったのかも知れない。
その後は坂本真綾さんで入会しかけて以降、一度もファンクラブ入ろうとか思った事もなかったのだけれど、遂に一線を超えたのが今回。
今度こそ入会したからには楽しみ尽くしたい、という志を持って日々精進していこうと思いますってだけの話だけどここまで読んでくれた人います?

そう言えばスマホの機種変に行った。
僕が行くライブハウスは皆Twitterにお金でも貰ってんの?じゃあ早くその収入で割れた画面修理しなよ!みたいな世界なのだけれど、それで人口密度の割に電波の奪い合いが凄いのか滅茶苦茶バッテリー食うみたいで(そんな現象が起こりうるのかはさて置き)、そこに3年使い続けた老朽化も伴って45分セットのライブが1本終わるとバッテリーを半分くらい消費するまで弱っていたので買い替えた。
自分が特別コミュ力低いとは思わないんだけど(と書くとブログとしてのキャラクターと矛盾が生じるんだけど別にどっちでも良いでしょう、最早誰も気にしてないし期待してない、自虐でも何でもなく)それにしても疲れた。
仕事で取引先と話したり、新入社員に気を遣って話しかけるのの6倍くらい疲れてヘトヘトになった。天空闘技場の高層階みたいで、念の一つも覚えないと疲労感で死ぬ。
働いている人たちはどんな心持ちなのか知る由もないけれど、商談と説明と愛想を同率くらいで常に放出し続ける仕事な気がして凄い仕事だなと感心してしまう。こういうのを余計なお世話って言うんですよ?ちゃんと知ってますよ。
兎に角、そんな所で2〜3年に一度向き合う傾向にあるので、まあ滝行みたいなモンだなと思っている。
新しいスマホにバックアップを復元したらアドレス帳とTwitterの下書きだけが消し飛んでて、困ると感じる消えた連絡先の少なさに衝撃を受けたり、投稿しなかった癖に案外大事だったツイートの数々が消えて逆に良かったなと思ったりした。
とは言えバッテリーの残量を気にせずに送る生活は華やかなものだと思う。まあパリくらいの華やかさはあるんでないかと期待している。
新生活スタート!

日曜日、5時という小学校低学年の門限みたいな時間に待ち合わせて天満で飲み会。
最小人数で食べたい店、好きな人に食べて欲しい店を2軒ハシゴして豪遊。
楽しい席で楽しみな予定の話をする幸福。
豪遊と言えど会社の飲み会2回分でちょっと足が出るかなくらいの予算、それでバカ美味いモノ食べられるんだから最高過ぎて沢山笑ってしまった。
天満はグルメの魔境。実に刺激的だぜ。
毎月でも通いたい。毎月でも通いたい。
大事な事なので2度言いました、というこのスタイルを未だに使い続けている奴の共通点は性格が暗いことです。よろしくな。

またー。