読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

性格の悪そうなBLOG

いちいち長いですが中身は特にないです。

思いついた事を思いついた順に書く。

通勤及び仕事中の移動の姿勢が非常に良いのに椅子に座って仕事をしている間は極端に猫背という僕の地味な生態が職場で地味に話題になっている。皆そこそこ暇なのか、それともそんな事にさえ娯楽を見出すレベルで疲弊しているのかは定かではない。願わくば前者であって欲しい。

何故歩く姿は姿勢が良いのに座ると猫背なのかと問われると、単純に歩いている間は姿勢に気をつける余裕があるだけだ。

つまり姿勢が悪い方がデフォルトで、歩行歴30年ともなれば歩きながら姿勢を正す事くらい造作はないものの、社会人歴は10年程度なので仕事をこなす際にはそこまでの余裕はない、という事だ。

姿勢を正して歩く様になってからというもの、長時間歩いても疲れなくなったし何か痩せた。これでお金が入ってモテる様になればジャンプの巻末に載る胡散臭いブレスレットの様な効能を謳って書籍化の後に印税生活と洒落込めるけれど、まぁそこまでの効能はなく、かと言ってただ歩くだけという意味では十分な影響がある。

とは言え、そこを狙っている訳ではなく、仕事中はスーツを着用しており、姿勢が悪いと水木しげる先生の描くサラリーマン一直線なので、水木化を避けるために背筋を伸ばしているに過ぎない。あとはサラリーマンたるもの、堂々としていなければ「コイツなら勝てるんじゃね?」と思われて面倒なので自分を大きく見せるという意味でも背筋を伸ばしている。

なので休日は基本的に猫背で過ごしている。自分を必要以上に大きく見せる必要がないからである。

自身を大きく見せる事で相手を威嚇する動物の生態を特集するテレビ番組を観ると妙な親近感と共に、頑張れ、頑張れと心の中でエールを送っている自分がいる。正直ちょっと虚しい。

ただ、常に姿勢が悪いよりは断然健康には良いと思うので今後もせめて平日の移動時くらいは背筋を伸ばして生活していきたいし、最終的には運が良くなって高収入でモテモテ、印税生活になれば良いなと思う。

完全に余談であるが、水木と親和性の高い苗字に大水があり、大水さんという本名だか芸名だか知らん人が組んでいるラバーガールというコンビがとても好きで隙あらば動画を観ている。

彼らの人の劣等感につけ込まず真摯にキャラ設定と平穏かつ常温の中で笑いを追求し続ける様が本当に好きで正直ときめいている。ちなみに好きなのは大水さんではなくて飛永さん。一番好きなポイントは正直言うと顔。

 

 仕事中、ムシャクシャがピークに達して半ば衝動的に観葉植物を買った。

ここでやけに冷静に握り拳にも満たない大きさの植物を選ぶ辺り、自分の思い切りの中途半端さが嫌にもなるが、ガッツリしたサイズの鉢植え、ジャンルにすれば最早樹木みたいなものを買うと発散よりも苦労が上回りそうだから良しとする。植物も生き物なのだから育てるのには責任が伴う。人間どもよ、ゆめゆめ忘れるでないぞ。

まぁそんな感じで、とにかく帰路でなく仕事中に植物を買ってきて残業するという行為自体はそこそこ珍しいらしく、また自分自身も周囲で見聞きした覚えがない為か上司に悩みがあるなら聞く、LINE教えてと言われるに至った。

LINEは職場の人間に教えると休日出勤のお誘いがフレンドリーに舞い込む可能性がある為に固辞したけれど、まんまその理由を他でもない上司に伝えてしまったのはキャリア的にみて不利かも知れないが、それはまた別の話。

植物はベビー・トゥという品種で、大変地味だがプクプクしていて妙に愛らしい。

自分の知っている植物は春〜夏に育つものばかりなのだけれど、これは冬に育つらしく、真逆の性質。夏は水をあげないで冬眠の夏版みたいなのを促す必要があるらしい。知らない世界の生き物感が凄い。

花も咲くらしいので上手く育つと良いなとワクワクしている。

これがキッカケで植物大好きおじさんになるかも知れない。

 

たまに飲みに行く友人と飲みに行ったら4時間の内にaikoが良いという話と新垣結衣が良いという話と石原さとみが良いという話がそこそこの割合を占めて「もう、男の子だなぁ」的な感覚になって最高だったし、何なら戦闘機の話とか聞けて全然興味無かったけどスゲー面白くてハマったし、そこまで楽しかった上に割り勘にも関わらず最終的にコーヒーを奢らせて解散した。(後ほどコーヒー代は支払ったが)

気分的には得しかしてない自分に背徳感みたいなものがあるんだけど、たまにはこういうのも良いかと割り切ってズズズと氷が溶けてコーヒー風味になった水を飲みながら帰った。

何かあの水全然美味しくないと思いながらも飲んじゃうんだけど貧乏性なんだろうか。

 

またー。